店舗紹介

店舗

オーナーシェフ
牧野 純二

葛飾区出身。
ホテルのレストランでサービススタッフとして飲食人生をスタートさせる。
その後、銀座の焼酎バーにて調理の基本、焼酎について学ぶ。

渡英

ロンドン、ミシュラン2つ星、京懐石レストランで4年間日本料理のいろはを
学びながら、天ぷらのセクションを任される。
ロンドンの最後の1年間はヨーロッパの文化を学ぶ為
ミシュラン1つ星、スペインタパスレストランに従事する。
その間、休日はマーケットで屋台を出店し天丼等を販売する。

帰国後、ホテルでローストビーフ等をカットするカービングサービスを経験し
銀座、日本橋で料理長を務めあげ
2017年8月に天婦羅 天鶴を開店させる。

当店のこだわり

油について

油について

天鶴では油を4種類配合したものを使用しております。胡麻油2種、とうもろこし油、綿実油の4種類です。使用する油の種類は当然ですが、配合の割合によっても仕上がり方は変わります。
独自の研究により、食材の旨味を最大限に引き出しつつも仕上がるまでのスピード感、噛んだ瞬間の食感、食べた後の口当たりの軽さ、全てのバランスを考慮した結果、現在の配合、割合に辿り着く。
しかしながら、天鶴ではより良いものを模索し続けているので完成しても常に変化していきます。
そちらも楽しんで頂けたらと思います。

天衣について

天衣について

小麦粉と水、この2つを混ぜ合わせることにより天ぷらの衣は作られます。(当店では素材の味を大事にする為、卵は使用しておりません。)
天鶴では小麦粉を2種類使用しており、食材によって使い分けます。
そして、一番重要な粘度。これは食材によって変わっていきます。食材の持つ水分量、大きさ、油の温度を総合的に考え、決定していきます。なので、天ぷらを揚げる者は食材一つ一つを理解してなければなりません。
厳密にいうと同じ食材でも微妙な違いがあるので、その小さな変化にも気をつけながら粘度を変え、お客様に提供してます。

刺身(お造り)について

刺身(お造り)について

包丁のみで料理にすること。これを刺身の基本として定義します。一般的には一口サイズに切った生の魚介のことを刺身と言いますが、もう少し細かく考えていきます。魚の身は絶えず変化します。(身の張りやうま味成分の出具合等)これを考慮しながら包丁を入れていかないと刺身は美味しくなりません。噛んだ時の食感、舌に感じるうま味成分は、切り出す厚さ、幅によっても変わっていきます。そして、魚の身の繊維を確認し、角度を決め、一度で切り出した身を盛り付け、彩り、仕上げます。その他に刺身の調理法として、焼き霜造り、湯霜造り、洗い、昆布〆等が存在する。

店内

店内
店内
店内

ゆっくりと流れる時間

周囲の環境、人間の感情は味覚に影響をあたえます。

食事が一番美味しく感じられる
リラックスできる空間づくりを常に心掛けております。

そしてレストランはお客様一人一人が空間を作っていきます。

至福のひとときを天鶴でお過ごしください。

店舗概要

店舗名 天婦羅天鶴
代表 牧野 純二
所在地 〒125-0061
東京都葛飾区亀有3-30-14 エターナルノット102
電話番号 03-6240-7701
営業時間 [ランチ]
11:30~14:00(L.O. 13:30)
[ディナー]
18:00~23:00(L.O. 21:30)
定休日 水曜日
座席数 8席
クレジットカード VISA/Mastercard/JCB/AmericanExpress/Diners
駐車場 なし
その他 コース料理あり
Wi-Fiあり

ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6240-7701

東京都葛飾区で本格的な天婦羅を下町価格で楽しめる天婦羅天鶴です。
素材の旨味を最大限に引き出し、皆様にご提供いたします。
どうぞお気軽にお越しください。

MORE